LINK
なにかと気軽に使用することができるキャッシングなのですが、うっかりしてはいけないのはカード会社というものは利ざやを立てて行くために利子を付加しているという点です。相手はローン会社なのですから当然のことなのですが借入の金利はけっこう高いです。グレーゾーンに位置する利息が適用されていた時期には29.20%という、あり得ない利息で承諾させられていました。おまけにその当時は総量規制などというものがなかったのでガンガン契約していたのです。当然ながら、破綻者を大量に輩出し破産する国民が急増したのです。当然ながら総量規制により結局のところ自らの墓穴を掘るようなこととなってしまったのです。それはいいとして現在でこそ金利は低くなってきましたが、それでもなお他の金利なんかと比較すると高水準であることには変わりがないと言えるでしょう。借りる額が低いならそう重い負担にはならないのかもしれませんが、巨額のキャッシングをすることになると額に応じて支払時間も長くなり利子として返済する額も結構なものになるでしょう。現実に、計算機などで勘定したら通算すると相当な額を返していることが認識されると思われます。このことを当然と思うのかあるいは損をしていると考えるかは人次第ですが私の場合はこのようなお金があるのでしたら好きなものが買うことができるのにとためらってしまいます。こんなに金利を返済したくないというような場合は、何とかして返済回数を縮めるように気を配りましょう。わずかでも前倒しで返済をしておくようにすると、支払期間を少なくすることが可能です。本当にわけもなくキャッシングする方はいないはずです。やむにやまれず必要でキャッシングするわけですから後は引き落しをほんのわずかの額でも縮めるという忍耐力が要求されます。またもっとお金に余裕があるときにはいっぱい引き落しをして早めの返済をしなければならないのです。