LINK
クルマを持つ人ならば分かっていると思いますが自動車税というものを支払う義務があります。それでこの税金は、手放す自動車売却時に普通に戻ってくるのです。これって実際実行してみたら理解できますが、でははじめから順に分かりやすく紹介していきます。説明をさせて頂けば、日本のメーカーの自動車だけに限らずイタリア車も還ってくることに決まっています。これは自動車についても当てはまります。自動車税という税金は自動車の所有者が払わなければいけないものでこれは車の排気量の大きさにより規定されています。1リッターより小さいのであれば29500円となり1リッターから1.5リッター以下までだと34500円。これ以降は500cc刻みで5000円増加していきます。この税は4月1日現在ののオーナーがその年度の金額を納付するように定められています。要は事前納付になるということですから勿論ですが車を売却して所有権を失った場合は先払いした分のお金は返還されるんですね。税の場合は前払いでその年度のお金を支払いますから、その年度内に自動車を買い取ってもらった場合は、入れ替わったオーナーがお金を支払わなければいけないということになります。売却先が中古車買い取り専門店なら、売却時に所有者が支払いすぎたお金を返してくれます。つまり、所有権が移った瞬間以降の自動車税は、新たなオーナーが支払い義務を負います。自分が10月の間に車を売ったなら、11月以降翌年3月までの払ったお金は返金されます。というのも、前述の通り自動車税という税金は前払いであるということによるものです。まとめるとあなたは売却先に税を返してもらうということです。業者を介さずに車を売買するときに何気にこの事実に気付かない方がよくいるためしっかり忘れないようにすることです。自動車税が車の売却で返金されるという知識を意外に知らない人が多いからと言ってそれを言わない悪質業者も存在します。こちら側から自動車税に関して言わなければ全然自動車税のことには言わないという場合もしばしば見受けられます。なので愛車の買い取りを依頼する場合は払いすぎた税金が戻ってくることをチェックすることをおろそかにしないようにしなければなりません。