LINK
自動車を買い取ってもらう場合や、それから自動車の下取りの時も印鑑証明書がなければなりません。それではこの印鑑証明に関して説明していきます。印鑑証明書とはある印鑑に対して、それが実印で間違いないことを裏付ける目的のものです。この書類がないのであれば、その印鑑について実印として認められていることが裏付けられません。個人にとっては相当高額な商談になる中古車の売却ですので実印が必要になることになりますが、それと一緒にこの印鑑証明も出てきます。印鑑証明書を発行するためには、印鑑証明をすることが必要です。登録する印鑑は通称、実印と言われ同じものが二つとない判子である必要があります。実印を用意して市役所などの窓口へ出向けば印鑑登録の手続きができます。手続きが済むと印鑑登録カードというものが発行され印鑑登録手続きをしたハンコは実印ということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を発行してもらうには、役所の取次ぎ所へ行き専用の用紙に必要事項を書き込んで印鑑登録カードを持参するだけです。そして自動交付機で交付することができます。印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。そのためいつの印鑑証明でも証明書としての効力は消えないのです。ですがクルマ売却の時は印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行されたものとされています。ほとんどのケースで期限を定める必要はありませんが、自動車の買い取りの際は買い取る側が有効期限を教えてくれるので、もしも車の買取の予定があるなら売却前に手元に置いておくとスムーズに進みます。