LINK
クルマを持っている方は分かっていると思いますが、自動車税なるものを支払う義務があります。そして自動車税は査定に出す中古車の買い取りの際に当たり前に返還される税金なのです。このことはちょっとやってみたら簡単に理解できますが、では一つずつ順に出来るだけわかりやすく紹介したいと思います説明をしておけば日本の車のみに限らず外車などでも自動車税が返還される範囲に決まってます。当然車についてもそうです。車のオーナーが支払い義務を負うものですがクルマの排気量の大きさによって決定されます。1リッターより小さいならば29500円、1リッターから1.5リッターまでであれば34500円。その後は500cc毎に5000円ずつ増加します。またこれは4月1日時点で車を保有している人が、以後一年分の全額を支払う定めとなっています。つまりは先払いということなので、自動車を買取してもらって所有権を失ったケースには先に払った分の金額は還ってくるのです。税は事前納付でその年度の自動車税を支払うので一年以内に愛車を買い取ってもらったときは入れ替わった所有者がこの税を負担するのです。買い取った相手が買取専門店ならば引き取り時に前払いしている分の金額を返還してくれます。つまり所有権が移転された瞬間からの税金は、新しいオーナーが支払い義務を負います。もしもあなたが10月の間にクルマを手放した際は11月以降翌年3月中までの払ったお金は戻ってくるのです。というのも前も述べた通り自動車税というのは前払いであるという決まりからもわかります。要はあなたは買い取った相手に払いすぎた税金を返してもらうということなのです。業者を介さずに愛車を引き取ってもらうときに意外とこのような大切な事実に気づかない人が見受けられるためぜひ忘れないようにしてください。自動車税という税金は自動車を売った際に返ってくるという知識をあまり知っている人がいない事をいいことに、その事実を説明しない業者もいるのです。こちら側から返金について話を切り出さなければ、完全にそのことについて説明しないということも聞きます。ですので愛車の買い取りを依頼するさいには自動車税が返還されるのかどうかを確認することを忘れないようにしてください。