LINK
自分の車の見積額を少しでも高くするのには、、中古車を売却する時期タイミングなども関係があります。所有するマイカーをできるだけ高く売ろうと考えればいくつかの気を付けるべきことがあるといえます。中古車の買取査定の要点として重視されるものに走行距離があります。走行距離は、車の消費期限と考えられることも多くありますのでその車の走行距離が長ければ長いほど、買取査定の際にはマイナス材料になるでしょう。メーターが1000キロと6万キロでは一般的に、中古車の相場は評価が異なるはずです。普通は走行距離は短いほうが愛車の売却額は増えますが、実際のところあまり詳しい目安は存在しなく一定のベースラインで査定額が算出されます。例えば普通車ですと一年で10000kmで線を引いてこの線以上走っていると大抵マイナス査定となります。軽自動車だと年間で8000キロがまた年式が古い割に距離がかなり小さいとしても査定金額が高額になるというわけでもありません。基本的には年式や走行距離に関しての査定の要点は保有年数にたいして適した走行距離かどうかというところです。中古車もそうです。次に車の年式というのも、中古車売却額査定の大切なポイントなのです。きっちり把握してるという人もたくさんいるだと考えていますが、普通は年式は新しければ新しいほど査定には有利なのですが、例外的にその年式の車に希少価値があるものは、昔の年式でも高額で査定してもらえることもあります。次に、車検です。もちろん車検をするには現金が必要ですので車検までの時間が残っているほど売却額は上積みされると勘違いする人が多いかもしれませんが現実には車検の前でも後でも車の売却額にはそれほど影響がありません。軽1BOX、痛車不動車、というような手放す車のタイプコンディションや形式も買取査定に相関性してきます。車検前は売り時としてもちょうど良いです。一方見積額を上げるために、車検直後に査定に出そうというのはナンセンスで、ほとんどプラスに働かないということになります。また業者に自動車を売却する時期として2月と8月が有名です。なぜかと言いますと自動車買取店の決算の時期がその前の3月と9月というところが多くあるからです。そのため、1月に売ろうと考えたとしたらもう少し待って2月に車の査定見積もりを専門店にお願いして手放すのも良いと思います。所有者都合もあるでしょうから、皆が皆そういった時期を狙って売りに出すなどというわけにもいかないのが実際だと思いますが、できるだけそうした時期を狙ってみると都合がいいかもしれません。